生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

ブログ運営の第1の壁となる集客問題。ブログ運営の「継続」か「脱落」かを迫られる時

f:id:imaiki_nanomiri:20200213091027j:plain

ブログを運営していく中で頭を悩ますのは、PV数すなわち集客という部分につきる。

  

そんな訳で「”今”を全力で”生きる”という意味で付けたブログ名の運営者」

さくらもり(sakura3_dishman)です。

 

趣味でブログやっている人なら余程自己顕示欲の塊でなければそこまでPV数を気にはしないだろうけど、収益化しているブログに関しては、PV数がすべてと言ってもいい。

 

PV数が増えても収益が増えるとも限らないけど、PV数が増えないと収益は確実に得られないのが実態です。

 

 

世紀の大発明レベルの記事内容だとしても日の目に合わないと意味がないのが実情です…。

 

ブログ運営の第1の壁となる集客問題 

 

 

PV数を増やす方法として

 

①SNSを使って拡散する

②はてなブログなら誰彼構わず読者になってスターをつける

③ブログランキングに登録する

 

などが私でも思いつく方法。

 

①SNSを使って拡散

ツイッターを引き合いに出して話をすると、兎にも角にも記事を書いた人のフォロワー数が大きな問題になる。

 

フォロワー数が10000人とかいるインフルエンサーレベルならそれ相応のPV数を叩き出せると思う。

 

インフルエンサーの影響力と人気は絶大だ。そもそもインフルエンサーがPV数で悩むとかないか。

 

なんなら俺もインフルエンサーになりたい(フォロワー1300人の弱小)

いかん、思わず願望が出てしまった…。

 

多少の効果はあれどフォロワー数に左右されるだろう。

 

②はてなブログなら誰彼構わずスターをつける

これにも賛否両論がある。

 

スターをつけてほしくない人もいるしそんな人はあなたのブログに訪れる事はない。

 

この方法は注意点がある。

 

それは、あなたの心境だ

 

「なんでスターつけたのに返してこないんだよ?」とか間違っても思ってはいけない。

 

例えるならば、「俺がお前のもの買っているんだからお前も俺の買えよ」ってくらい強烈な営業だ。

 

そして、その事ばかり考えると精神衛生上良くなくブログのモチベーションも下がる。

 

③ブログランキングに登録する

これも良く紹介される事。ブログが明確なカテゴリ分け出来ているという事が前提になる。

 

後、「クリックしてね」がアドセンスをやっている場合、変な誤解を受ける可能性があるので序盤でやってもずっとやらない方が良いかもしれない。

 

後、ランキング形式になるのでそれも気になるだすともう何が何だかという状況になります。

 

思考がカオス。

 

別の集客方法はあるのか

開始してから数日のど素人ブロガーが何を言うのかと思っているでしょ?

 

安心してください。昨年1年間ブログを運営していましたから。

 

ちゃんとアドセンスも合格していますしスマニュー砲も13発着弾しています。そこそこのPVも稼ぎました。

 

そんな私の集客方法として紹介出来る事は、

 

「じっくりコツコツやって本当のファンをつけていく」

 

という至極当然で面白みもない方法に尽きます。

 

スマニュー砲13発も自身のブログの内容がよかったからなんて思っていません。

 

その当時見てくれた人達のおかげと思っています。ブログが〇〇砲に当たる事はブログをやっている人なら体験したい事。

 

仕掛けがうまい人やブログの記事に力がある人なら自力でたどりつける〇〇砲ですが、足らない場合は、読んでくれる人の力が最後はそこに連れて行ってくれると思います。

(まるでオリンピックみたいな表現に自分で軽く引く)

 

読者が多い人も素晴らしいです。

 

ただ、読者が少なくても少しずつ時間をかけていけば本当に記事を楽しみにしてくれる人が不思議と出てくるんですよ。

 

腐らず諦めずコツコツやってみてください。多分だけど証明されます。

 

数か月で辞めていく事の多いブログの世界。

 

記事を書く努力のわりにPVが伸びない、読者が増えない、収益が10円とか何それ?!などの理由でモチベーションが下がって辞めてしまうケースが多いです。

 

ブログは、「継続」「辛抱」です。

 

そして、自分なりに「楽しむ事」です。

 

考えて努力を重ねていけばそれ相応のブログは書けるようになります。

 

このブログでも同じように読者になってくれた人を一人一人大事にしていこうと思いますので宜しくお願いします。

 

本日も最後まで読んでいただき感謝します。

ありがとうございます。