生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

ブログ運営の中で「無駄な努力」は存在するのか

f:id:imaiki_nanomiri:20200217091310j:plain

努力を重ねる中で結果が思い通りに出ず、ふとSNSなどを覗くと「無駄な努力をするな」という言葉を見る事があります。

 

果たして無駄な努力は存在するのでしょうか?

 

そんな訳で「”今”を全力で”生きる”という意味で付けたブログ名の運営者」

さくらもり(sakura3_dishman)です。

 

結論から言うと

 

「無駄な努力はありません」

 

今回は、ブログを書いている中で感じる「この努力は無駄なのか」と思う瞬間も踏まえながらお話ししていこうと思います。

 

ブログ運営の中で「無駄な努力」は存在するのか

 

 

努力が無駄になる事は一切ない

努力が無駄か無駄ではないかは、その人が努力に意味つけをできるかできないかで決まります。

 

努力をしても結果が出ない = 無駄な努力

 

と決めつけてしまえば残念ながらそこでその努力という内容は意味のなさないものと決められてしまいます。

 

では、ブログなどを運営する中でどのようなシーンで努力が無駄だと感じやすいかと言うと…

記事のPVが伸びない 

この壁にぶつかった時に一番多く感じるのではないでしょうか。

 

ブログは、どんな理由(収益化、趣味)で運営されているにしても人に見てもらうという事が前提としてあります。

 

そのPVを増やす為にSEO対策やタイトルの工夫、記事のリライトなど色々手を打ちます。

 

しかしながら、そんな簡単にPVは伸びません 

 

はてなブログは、SEOに強い事や読者やグループの機能が存在するので読者やグループでグルグル回るとPV数は増えます。

 

そして、「はてなブックマーク」をある一定数してもらうとはてブ砲やスマニュー砲を受けられる事があります。(グーグル砲に関しては、はてブ砲やスマニュー砲に比べると受けづらい印象があります。)

 

しかし、一定数まで伸びると努力なしで月間PVを伸ばす事が難しくなります。

 

以前から行っていた事(SEO対策やタイトルの工夫、記事内容のリライトなど)にさらに注力しないといけない状況になります。

 

そこで自分の努力とPV数の増加数がイコールで繋がらない時に「この努力はなんだったのか」という疑問が沸々と出てきます。

 

努力とPV数はイコールではなくどうしてもタイムラグが発生する

上記に書いた対策を講じたとしてもきっちりやっている人が多いので、少し本気で取り組んだからと言って結果などはすぐに出ません。

 

そして、必ずPV数が増えるとも限りません。(凄く対策を深い部分まで行っている人であればすぐ結果に反映されるとは思いますが)

 

この時、「努力が足りない」と思うか「努力が無駄だった」と思うかに分かれると思います。

 

今、ブログを続けている人は、「努力が足りない」と感じる人が多いと思いますが、もういい加減に結果が出ず心が折れると思っている人は、「努力の無駄」と感じる人も必ずいます。

 

何を言っても無駄なものは無駄と思う人なら「無駄」で終わりになります。

 

しかし、「これは無駄な努力だろうか?」と心が揺れているならこう考えてほしいと思います。

 

きちんと人に届いているか

月間PV数が数万単位であれば記事の内容やタイトルなどのミスがあるかもしれません。

 

しかし、まだまだ数千単位のPVならリライトした記事などが必要としている人に届いているかわかりません。

 

リライトして反応がないからこの記事は価値のない記事と見切りをつけるのはあまりにも早計です。

 

グーグルを図書館と考えた場合、ブログは色々な本です。

 

必要な人が現れないとその本は手に取られません。

 

PV数が0なんて悲観する話ではありません。そもそも0ならこれから伸びる可能性を秘めています。

 

現代社会は非効率的な事は悪とされる

現代の社会は、遠回りすることは良くない事とされています。

 

どんな事も効率良く行えるかという事が重要視されがちです。

 

その影響もあり、対策を講じて結果が出ないと「無駄な努力」とされがちです。

 

しかし、すぐさま結果が出るようなものはあまりないと思います。

 

どんな事も結果になる為には、時間がかかります。

 

成功している人は、成功するまで日の目を浴びてないため、すぐ成功されたようにうつります。

 

しかし、そんな人も日の目を見るまで努力も時間もかけているのです。

 

効率良く動けるやれる事も素晴らしいですが、それが出来ないから結果が出ないからその努力が無駄と意味つけをするのは違うと思います。

 

どのタイミングでそれが役に立つかはわかりません。

 

是非、今まで時間をかけた事の中で「これは無駄だった」と思うようなものがあったら本当にそれが無駄で今現在役に立っていないのか考えてみてください。

 

本日も最後まで読んでいただき感謝します。

ありがとうございました。