生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

自己表現の大切さ。アサーションというコミュニケーションスキル。

f:id:imaiki_nanomiri:20200303140327j:plain

 

アサーションという言葉を知っていますか?

 

「”今”を全力で”生きる”という意味で付けたブログ名の運営者」

さくらもり(sakura3_dishman)です。

 

アサーションとは、コミュニケーションスキルの1つであり自己主張が苦手な人に対して行われたカウンセリング技法とされています。

 

日本人は、人の顔色を伺う事が多く人の意見を尊重して自己主張をしない人が多い傾向にあります。

 

以前お話しした自分軸と他人軸もそれが大いに関係していると思います。

 

 

「人の意見ばかりに流されずに自分の意見をしっかり伝えたい」

だけど下手な事を言って関係がギクシャクしたり変な空気になりたくないという人に向けての内容となります。

 

自己表現の大切さ。アサーションというコミュニケーションスキル。

 

 

アサーションとは

自己主張が苦手な人を対象にしたカウンセリング技法として実施され、人権拡張や差別撤廃などの運動において言動において圧迫され続けた人に勇気を与えたと言われています。

 

3つのコミュニケーションタイプで分類

アサーションは、コミニュケーションのタイプを3つにわけて考えています。

 

3つのコミュニケーションタイプ

①アグレッシブ / ②ノンアサーティブ / ③アサーティブ

 

アグレッシブな方法

f:id:imaiki_nanomiri:20200303140323j:plain

自分の事を中心に考え相手の事はまったく考慮しない方法です。

 

アグレッシブというか自己中心的な思考というべきか…。

 

例としては、失敗した人に対して失敗の経緯や理由、言い訳などは一切聞かずに怒る

怒鳴ったり、威圧するのも同様です。

 

それ以外にも頼み事をする際に相手に選択の余地をなくし巧妙に自分の欲求を通す方法もアグレッシブな方法のうちい入ります。

 

相手を操作して自分の思いとおりに動かすのも凄い心理術ですけどね。

 

ノンアサーティブな方法

f:id:imaiki_nanomiri:20200303141035p:plain

自分の感情を抑え込んで相手に合わせる方法です。

 

例えば、同僚や友達に嫌な事を頼まれてもはっきり断れずに引き受けてしまう

 

1回や2回なら自己でこの不満はコントロールできるが、そのうちに出てくる感情は、不満とともに上昇し「〇〇してやったのに」「やってやっている人の気持ちもわからないのか」などのネガティブな感情を生み出します。

 

日本人に多いパターンがコレではないでしょうか。

 

アサーティブな方法

f:id:imaiki_nanomiri:20200303141030p:plain

自分の気持ちや考えも相手に伝えて、ちゃんと相手の事も考慮する方法。

 

自分も相手も均等に大事にする方法ですね。

 

でも、実際問題として自分の意見を言って相手の事も考慮してって簡単じゃないでしょ。

と言われると思います。

 

そうですよね。

 

自分がいくら攻撃的でもなく非主張的でもなく、その場でふさわしい表現(気持ち、信念)をしたとしても相手が受け入れてくれるとは限りません。

 

大半がそうかもしれません。

 

その時に攻撃的な方法を使い相手を支配しようとせず、非主張的な方法で相手の意見を飲むのではなくお互いにとって妥協できる点を探すというのがアサーティブな方法と言えます。

 

アサーティブな思考になるために

アサーティブな思考になるためには、自身が今どんなタイプなのか知る必要があります。

 

自身が攻撃的なタイプの人間なのか非主張的なタイプなのか。

 

仲の良い人には、アサーティブだが親や上司には非主張的だったり、自分よりも下と思っている人には攻撃的だったりとシーンに合わせてタイプが変わるタイプもいます。

 

偏ったタイプよりも場面において変わる人の方がタイプ的に多いと思います。

 

自身が一体どんなタイプでありなぜそのタイプになってしまうのかという原因を究明して、それを踏まえてどうすればアサーティブなタイプになれるのか考える。

 

そういう事をすることで無駄な揉め事がなくなったりストレスを溜めるなどの事を今よりも減らせるとおもいます。

 

モメるような自己表現をせずにストレスが溜まるような関係を続けずに妥協点を見つけられるような人間関係の構築が人生において大事になります。

 

本日も最後まで読んでいただき感謝します。

ありがとうございました。