生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

自分の要望をうまく伝えるためのDESCという手法をご存じだろうか

f:id:imaiki_nanomiri:20200304215151j:plain

 

自分の要望をうまく伝えたいけど伝えられない。

そのような時、頭の中で伝えたい内容をきちんと整理できていますか?

 

「”今”を全力で”生きる”という意味で付けたブログ名の運営者」

さくらもり(sakura3_dishman)です。

 

内容を整理する事で相手にうまく伝える事が可能になります。

 

内容を整理する方法としてDESCという方法を紹介します。

 

自分の要望をうまく伝えるためのDESCという手法をご存じだろうか

 

 

DESC法とは

DESC法とは、4つのステップの頭文字を組み合わせたものです。

  • D=describe
  • E=express/explain/empathize
  • S=specify
  • C=choose 

 

D=describe:描写する、記述する

現在の状況や相手の行動を主観的ではなく客観的に描写する

 

E=express/explain/empathize :表現する/説明する/共感する

ここで客観的に描写した事に対して自分自身の主観的な気持ちを表現、説明し相手の気持ちに共感する。感情的に考えてはいけません。

 

S=specify:提案する

具体的・現実的な解決策、妥協案を提案する

 

C=choose:選択する

相手が要望を受け入れてくれた、受け入れてくれなかった2つのパターンを考えあらかじめ次にとる行動を自分で選択する

 

このようにDESCを考えて会話を展開する事で自分の要望を相手に伝えやすくなります。

 

DESCを使った例 

同じような話をずっと討論していますが(D)この話を現状続けていったとしても簡単に答えがでないような気がします(E)各自一度この案件については持ち帰り後日これについて話合いませんか(S)一旦討論から離れる事で違う考えも浮かんでくるかもしれません(C)もし、本日中にどうしても決めたいのであれば一旦時間をおいてから話合いをしませんか(C)

 

必ずこの会話の組み立て方で相手に要望を伝えましょうという訳ではありません。

もし、DもEもいらないSでいけるっていう人いるでしょう。

 

あくまでDESCという方法で組み立てる事で相手に要望を伝えやすくなりますという話ですから。

 

 

しかし、相手になんと言ったら良いかなどの迷いが生じた時は、DESCの順序で頭の中を整理し表現すると相手にわかりやすく伝わりやすいものになると思います。

 

DESCの注意点

chooseに関しては、自分で良かれと選択できるように複数の選択肢を用意しますが、それが必ずしも相手が飲んでくれるとは限りません。

 

その時に”この選択肢なら相手も飲んでくれるかな”という表現をしてしまうのはよくありません。

 

相手が選択してくれそうな選択肢を優先させるという事は、今回の目的でもある自分の要望をうまく伝えるという部分を満たせなくなります。

 

だからと言って相手を動かして自分の言う事を聞かすというのもいけません。

 

DESC法は、お互いが納得いく妥協点を探すための方法です。

 

自分から相手に歩みよる事が大事であり、それに加えて自分も相手も納得できる提案ができるようにするのがDESC法です。

 

本日も最後まで読んでいただき感謝します。

ありがとうございました。