生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

人の話を聴く時に必要な5つのポイント。ポイント①「批判しない」という姿勢。

f:id:imaiki_nanomiri:20200322104147j:plain

人の話を聴く中で気をつける5つのポイント。

まず、1つ目のポイント「批判しない」について。

 

そんな訳で「”今”を全力で”生きる”という意味で付けたブログ名の運営者」

さくらもり(sakura3_dishman)です。

 

以前記事にした聴き上手になるための関連記事となります。

 

 

人の話を聴く姿勢で大事なのは、まず相手の言っている事を批判せずに受容するという事。

 

人の話を聴く時に必要な5つのポイント。ポイント①「批判しない」という姿勢。 

 

 

批判せずに受容する

f:id:imaiki_nanomiri:20200322104140p:plain

相手が伝えたい事、感情を受け入れるという事は非常に難しい事です。

 

以前も話をしましたが、カウンセラーのような話を聴くトレーニングを積んでいる人であれば批判せずに話を聴く事は出来ますが、トレーニングを積んでいない人はどうしても批判したくなる部分が出てきてしまいついつい口を挟んでしまいがちになります。

 

批判せずに話を聴くためには、自身の価値観や人生観、経験、相手の情報などを一時的にシャットアウトしなければなりません。

 

そういう状態をつくる事でまっさらな気持ちで相手の話を聴く事ができるようになります。

 

ですが、受容については気をつけなければなりません。

 

受容は、相手のすべてに賛成する訳ではありません。

賛成や反対などはせずにニュートラルな気持ちで相手の話を受け入れるという事です。

 

なぜ、このような姿勢で話を聴かなければならないのか。

 

相手の話が自分と関係のない話であれば受容するのは簡単で意識せずにできますが、事それが自身と関係のある話であれば受容するのは非常に難しくなるので上記の状態で話を聴く姿勢を常に持つという事が大事になります。

 

否定する言葉はNG

f:id:imaiki_nanomiri:20200322104143p:plain

相手の話や相手自身を否定しかねない言葉があります。

 

それが、「でも」「しかし」という言葉。

 

この言葉を使うと相手の話を切る事に繋がりさらには、相手が「これ以上話をしても無駄だ」という心境になります。

 

さらにこの言葉は、「相手を変えよう」とする意識が働いています。

 

相手を変えたいという姿勢は、決して悪い事ではありません。

 

しかし、話を聴くという状態の中では「相手を変える」という言動は、”聴き手側が早く話を終わらせたい”という意識の表れでもあります。

 

相手を変えるというのは、簡単ではありません。

何度も話合いをして信頼関係を構築してその上で相手が変わろうとする方向に話を持っていくというステップが必要になります。

 

「でも」や「しかし」で話を否定、批判する人に対して話す側が信頼して話をする事はないでしょう。

 

自身が話す側で相手から「でも」「しかし」で話を切られた時にどう思うか?そうイメージすればわかると思います。

 

批判しないまとめ

 

  • 話を聴く姿勢は「批判しない」で「受容」する。
  •  自身の価値観、人生観、経験、相手の情報は一切話合いの場には持ち込まない。
  • 心をまっさらな状態で話を聴く。
  • 受容とは「賛成」ではない。
  • 「賛成」も「反対」もしないニュートラルな気持ちで話を聴く。
  • 「でも」や「しかし」という言葉は使わない。
  • 「でも」や「しかし」には「相手を変える」という心理が働いている。
  • 人を変えるのは簡単ではない。信頼関係を築いた上で変われるような方向に話をする姿勢が大事。決して変えてやるという姿勢ではいけない。

 

本日も最後まで読んでいただき感謝します。

ありがとうございました。ではまた!