生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

読めないから実績無視で切ってみた。荒ぶる海でチャレンジを成功させる。【ダービー卿チャレンジT】[予想]

f:id:imaiki_nanomiri:20200403151223j:plain

中山マイルで大外を引き当てたマイスタイル…。印を打つにしても脚質的にこの枠はとても歓迎とは言えない。持ってるノリさん。

 

混沌としている世の中でツイッターも大分荒れていますね。

 

テレビを見てもネットでニュースを見ても精神衛生上とても良いとは言えない状況。

 

日本政府のくだらない茶番もコロナのニュースも当面シャットアウトしようと考えているさくらもり(sakura3_dishman)です。

 

さてさて、明日は無観客で行われるダービー卿チャレンジCです。

 

無観客のおかげか馬の入れ込みなども軽減されていますし騎手もヤジが飛ばないのでこちらも精神衛生上はクリーンなんじゃないかと思います。

ほぼほぼ競馬場についてからレースを迎えるまでに無駄なスタミナを消費する事は以前より少なくなり馬もきっちり現状の力は出し切れているのは思います。

 

ダービー卿 買える有力馬記事

www.imaiki-nanomiri.com

 

では、枠順から見ていきましょう。

 

ダービー卿チャレンジT 出馬表

 

ダービー卿チャレンジT 出馬表
馬番 馬名 斤量 騎手
1 ナインテイルズ 54 野中
2 ストーミーシー 56.5 横山武
3 ジャンダルム 56 藤井
4 クルーガー 57 石橋脩
5 ボンセルヴィーソ 54 木幡巧
6 レイエンダ 57 丸山
7 プリモシーン 56 デムーロ
8 トーラスジェミニ 54 木幡育
9 ブラックムーン 57 吉田豊
10 ムーンクエイク 56 北村宏
11 ケイアイノーテック 57 津村
12 ペプチドバンブー 54 松田
13 エメラルファイト 56 石川
14 ドーヴァー 56 田辺
15 カツジ 56 松山
16 マイスタイル 57.5 横山典

 

まさかまさかの逃げ、先行脚質のマイスタイルが中山マイルで大外をひくとは…。

 

斤量57.5に加えて大外枠は決して楽な条件ではないでしょう。

しかし、鞍上がノリだけに奇策を講じる恐れあり。

その奇策がポツンなら終了のお知らせだが…読めない。マジで読めない。

そのくらいぶっ飛んだ思考の騎手だ。

 

横山典×マイスタイル=ポツン

 

という公式もあり得る。レースが終わって

自分のスタイルを貫いたノリ。やはりポツンだったか。というコメントがそこら中で流れてもなんら不思議ではない。

 

内側にジャンダルムとボンセルヴィーソ、トーラスジェミニと先行馬もいるのでそこを潰しても前にはいかないというのが現状の見立て。

そうなるとやはり、ポツンの可能性も捨てきれず…。

 

内~中にかけて前目に行きたい馬。

外は末脚にかける馬と綺麗に分かれてしまったので流れが道中は落ち着いて4角手前で外からマクリ上がってペース上昇というレース展開だろうと見ている。

こうなると内はごちゃつきやすくなるし馬群で怯む馬や捌けない騎手はここで脱落となる。

 

過去5年の血統データも洗ってみよう。

 

ダービー卿チャレンジT 血統傾向

 

ダービー卿チャレンジT血統傾向
系統 母父 系統
クロフネ ヴァイスリージェント SS SS
キングカメハメハ キングカメハメハ スペシャルウィーク SS
スクリーンヒーロー ロベルト カーネギー サドラーズウェルズ
デイープインパクト SS ストームキャット ストームキャット
ローエングリン サドラーズウェルズ SS SS
ハーツクライ SS ブライアンズタイム ロベルト
ステイゴールド SS ダイナフォーマー ロベルト
エンコスタドラゴ ファアリーキング リダウツチョイス ダンチヒ
ダイワメジャー SS ロックオブジブラルタル ダンチヒ
アドマイヤムーン フォーティナイナー ゼンノエルシド ニジンスキー
エンコスタドラゴ フェアリーキング リダウツチョイス ダンチヒ
ハービンジャー ダンチヒ インクルード ヒムヤー
ハーツクライ SS フォーティナイナー フォーティナイナー
ディープインパクト SS ファストネットロック ダンチヒ
ファストネットロック ダンチヒ ライオンハート ストームキャット

※過去5年の血統data

 

過去5年だけを見ても面白いのがロベルト系統が走っていたが馬場が変わったのかロベルト系統がなりを潜めてダンチヒ系統が急浮上している。

単純に近年ロベルトの系統が出走していないというのもあると思うが、ダンチヒがこれだけ走ると嫌でも馬券的にチェックは必要となる。

 

ダンチヒ系統

→プリモシーン(母父ファストネットロック)

 

1頭だけ。人気もあって実績もあって昨年の好走馬だけに旨みがない。

 

枠と血統だけの材料だが、本命にするならこの馬か!

 

ダービー卿チャレンジT 予想

 

本命は、色々考えたが前走と同じ走りが出来ればという条件になるが、

 

◎②ストーミーシー

 

後方から展開待ちばかりのレーススタイルだったが、前走は前目につけて前には優しくない展開の中で抜け出して勝利。

 

横山武Jのナイス騎乗によるものだろう。初騎乗でこの結果なのでもしかすと相当手が合う可能性が高い。

 

今年に入りこれが3走目となるが、脚質転換が成功した前走に加えて2走前の阪急杯でレース上がり2位の33.9をマークしての0.2秒差の6着と7歳にして充実している。

 

今回はメンバー構成が低調に映る点と有力馬であるマイスタイルが大外枠に入った事などを考えるとゴール前の紛れで内を捌いて一発の可能性は十分あると見ている。

 

〇⑦プリモシーン

差し馬なので内で捌くよりも多少ロスがあってもちょっと外を回して加速させてくる方が良い事を考えるとこの枠で良かった点。

実績的な面を見てもここなら十分威張れる実績だろう。

 

▲⑪ケイアイノーテック

穴⑨ブラックムーン

 

▲、穴に関しては、展開向けば食い込めるだけの力がある点を評価。マクリ合戦になって前が早々に潰された時に浮上するだけの脚があるので人気がない今回は相手として入れておきたい。

 

馬券は、

 

ワイド
②-⑦ 50%
②-⑪ 30%
②-⑨ 20%

 

の3点としたい。

あなたの馬券が当たり明るいニュースがあなたの元に届くように祈っています。

明日は、大阪杯の予想を発表!乞うご期待!

では、また!

 

今週の記事

www.imaiki-nanomiri.com