生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

川田渾身の4角マクリという見せる騎乗が光った大阪杯【ダービー卿】【大阪杯】[予想結果]

f:id:imaiki_nanomiri:20200407155741j:plain

おいおい。予想復帰から結果は酷いもんだぜ。

さらに緊急事態宣言で今週から競馬も行えるかわかりませんね…。 

  

さくらもり(sakura3_dishman)です。

 

先週は…というか先週も…。

 

先に言っておくが、予想は酷いものだった。惨敗だった。完全なる敗北だ。

真面目に考えているだけどね。真面目だけでは当たらんね。

 

大阪杯 ダービー卿 予想結果

  

ダービー卿チャレンジトロフィ 予想結果

 

まず、なぜ題名がダービー卿チャレンジCとなっていたのか…。チャレンジチャレンジになっておる。その時点でダービー卿の予想でもなんでもない。

f:id:imaiki_nanomiri:20200322104143p:plain

 

兎にも角にも予想はコチラ。

 

ダービー卿CT 予想

www.imaiki-nanomiri.com

 

着順 馬名 タイム 上がり
1着 クルーガー 1.32.8 35.2
2着 ボンセルヴィーソ 1.33.1 35.4
3着 レイエンダ 1.33.1 35.2
7着 ストーミーシー 1.33.3 36.1
5着 プリモシーン 1.33.3 35.2
4着 ケイアイノーテック 1.33.2 34.9
9着 ブラックムーン 1.33.5 34.9

 

ストーミーシーは、予想の段階で前走の走りが出来ればと書いた。鞍上は、私の要望に応えるように内から先行してくれたが…。

 

なんであんなに前が飛ばす展開に…。

 

スタート後の200mまでは12秒台で展開したけど、200m以降は800mまで11秒台前半のラップで推移。2番手で回ったストーミーシーにはカツカツな展開。

 

それも4角で一気に先頭にたって押し切りを狙ったが無理がありました。

「急坂で失速するだろうなぁ」という思いと「なんとか持たないかぁ」という2つの思いの中見事に前者の失速が選択されました。

 

展開待ちとなったケイアイノーテックは、Hペースでなし崩しに脚を使わされる展開の中でもきっちり脚を使って4着まで押し上げたのを見ると状態はかなりよくなってきたという印象。しかしながら、今後も展開待ちのレースになってしまうと買うタイミングはしっかり見定めないといけない。

 

プリモシーンは、談話で馬場が合わず伸びを欠いたとの事。上がりを見ると鈍りまくっているので談話通りなんだろう。

 

ブラックムーンも戦前より展開待ちと書いたが、展開向いて脚を使ったがちょっと後ろすぎたか…と言っても同じ位置にいたケイアイノーテックは4着まで押し上げたのを見ると力差かな。

 

大阪杯 予想結果

 

予想はコチラ。

 

大阪杯 予想

www.imaiki-nanomiri.com

 

着順 馬名 タイム 上がり
1着 ラッキーライラック 1.58.4 33.9
2着 クロノジェネシス 1.58.4 34.0
3着 ダノンキングリー 1.58.5 34.3
7着 ブラストワンピース 1.59.0 34.4
5着 ワグネリアン 1.58.8 34.0
11着 マカヒキ 1.59.5 34.7
6着 ジナンボー 1.58.9 34.7

 

お気づきだろうか?

 

ダービー卿と同じく1着-3着まで無印という事に加えて…

 

本命が7着で対抗が5着までリンクしています。こんな事あるでしょうか?

怖いですねぇ…。

 

ダノンキングリーが鞍上の思いよりもはるかにやる気があったようで「誤算」とまで言わせる逃げという展開。

 

気持ちよくいければよかったが、人気馬だけに即時マークされ後続につつかれる展開。

これについてもノリが「ピッタリこられて…」と談話を残しているのでそれが最後の0.1秒差になった要因だろう。

 

本命にしたブラストワンピースは、スタート後行こうとしたが前が塞がり行けずズルズル悪いポジションに。

外々を回り4角で捲ったところで終了のお知らせ。

 

さすが川田と思ったのが、4角で捲りあがって見せ場を演出したところ。

f:id:imaiki_nanomiri:20200218093917p:plain 

ポジション悪いしその後も見せ場なく負けると騎手としての印象が非常悪い。しかし、捲りでなけなしの脚を使って見せ場を作れば不利の中やるだけやりました感はある。

 

ブラストのムラは解消されたかとも考えたが、今回のようなレースを見ると解消はされていませんな。

 

ワグネリアンは、福永らしい着順。そつなく乗ってまた微妙な着順…。

 

マカヒキについては謎。

 

ジナンボーは、ダノンキングリーについていきこの着順なら好走の部類。

 

ラッキーライラック陣営は、ジナンボーに陰ながら感謝すべきだろう。ノリのコメントと着順を見る限りジナンボーが居なければ最後の差し切りは困難だっただろう。

 

にしてもラッキーライラックは、スミヨンのエリ女で完全に馬が変わった。エリ女でスミヨンが何を馬に教えたのか気になるところ。

 

4着カデナは、直線進路を選ぶような事がなければ際どかった内容だった。

 

それぞれの思惑がぶつかった大阪杯。

ちょっとした差が影響するくらい際どいレースだっただけに上位3頭に関しては、着順だけで力的な差はほぼないだろう。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

緊急事態宣言により今後のクラシックに影響をきたすかはわかりませんが、無観客で行っているのでパチンコや満員電車に比べれば全然大丈夫だと思うけどJRAがどんな判断をするか。やるかやらないかはわかりませんが、今週開催予定の桜花賞などは引き続きブログで予想していこうと思っています。ではまた!