生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

GET Wild and tough な桜花賞。【桜花賞】【NZT】[予想結果]

f:id:imaiki_nanomiri:20200407155741j:plain

3歳牝馬クラシックの桜花賞は、ドロドロな馬場で過酷な状況で行われたがデアリングタクトがそれをもろともせずに突き抜けました。

 

さくらもり(sakura3_dishman)です。

 

長野県は、長野市と松本市が感染発生区分レベル2なりました。

つまり、危険度はいきなり上昇という事です。

 

そもそもキャバクラが発生源であり、発症した状態で9日間勤務しているなんてもう救いようがありません。さらには、そんな関係者が「国のせいだ」なんてくだらない言い分を…。

 

国の補償を受けられないのは、日本国民は現状皆一緒であり潰れてしまうという危機の中自粛しているところもあるんだよ。

 

国のコロナ対策に関しては、言わずもだが「国の対策が不十分だから」という理由で感染拡大させていいという話ではないのがどうやらわからないらしい。

 

同じ長野に住み不特定多数が見るSNSでこんな事を平気言うやつがいるのも情けない。

 

そんな激動の週末を送っていた長野県ですが、週末の競馬は今週無事開催されました。

 

今更ながら先週の予想結果を…。

 

ニュージーランドトロフイー 桜花賞 予想結果と回顧

 

ニュージーランドトロフイー 予想結果 回顧

 

NZT 予想記事

www.imaiki-nanomiri.com

 

予想結果は以下の通りです…。 

 

着順 馬名 タイム 3F
1着 ルフトシュトローム 1.33.0 34.2
2着 シーズンズギフト 1.33.1 34.5
3着 ウイングレイテスト 1.33.1 34.3
6着 ハーモニーマゼラン 1.33.6 35.8
5着 ソウルトレイン 1.33.5 35.4

 

先行には厳しいレースになると予想段階で書いたが、ハーモニーマゼランの今までのレース内容や戦ってきた相手を考えてやれると判断して本命にしたが、先週のダービー卿の本命を見ているかのような展開…。

 

ペースこそ平均だったが、逃げたカリオストロとカフェサンドリオンの負け方を見るとペースよりも先行勢にはタフな状況だったと推測。

 

それでも大崩れなく6着は、自力の証拠かもしくは先行勢が弱かったのか。と言った具合。

 

勝ち馬のルフトシュトロームは、2連勝してこの舞台だが過去2走とも同コース同距離を使っていたのでコース慣れは十分だった。血統背景も近親にディープインパクトがいるだけにこの結果も驚かない。

今後はコース替わりでどんなレースになるかだけに焦点が当たる。

 

桜花賞 予想結果と回顧

 

桜花賞 予想記事

www.imaiki-nanomiri.com

 

予想結果は以下の通り…。

 

着順 馬名 タイム 3F
1着 デアリングタクト 1.36.1 36.6
2着 レシステンシア 1.36.3 38.2
3着 スマイルカナ 1.36.6 38.6
4着 クラヴァシュドール 1.36.8 37.1
8着 マルターズディオサ 1.37.2 38.8
16着 ウーマンズハート 1.38.2 39.4

 

上がりタイムから見てもまるでダート戦のようなタフな馬場。

 

Hペースながら、ペースを作ったスマイルカナと番手で運んだレシステンシアが2、3着と粘ったが力が抜けているというよりも後続がこの馬場で苦しんだという方が正解かと思う。

 

Hペースでなし崩しに脚を使わされてかなりタフな馬場。この状況下で後ろから前を捕まえるとなると相当な力が必要となる。勝ったデアリングタクトは、これをやってのけたので能力は相当だろう。単純に重馬場に強いなどの理由だけでは勝ちきれない条件だけにこの勝利は相当価値は高い。

しかしながら、この反動がどのくらいダメージになるにかは気になるところ。

 

本命にしたクラヴァシュドールは、馬場に関しては最後伸びてきたので問題はなかったと思うが、道中の不利はかなり今回影響した。通常、挟まれてズルズル後退した時点でレースは終わってしまうがそこから直線最内を通って4着まで押しあげた。力は紛れもなくある。正直、結構無理をしたレースだけにこちらもオークスでの反動は気になるところ。

 

デアリングタクトが一冠目を手にしたが、次は府中の2400という舞台でおそらく時計も桜花賞と打って変わって激早になるのでまったく求められるものが変わる点で桜花賞の結果がそのままスライドというのは考えづらい。とにかく、このタフな条件を走った馬がしっかり静養して無事オークスで走ってくれる事を今は願っている。

 

本日も最後までよんでいいただきありがとうございました。

ではまた!