生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

【天皇賞春】【青葉賞】トップコンディションでなくても連覇達成フィエールマン。シーザリオ一族が本番に送り込むオーソリティ[予想結果][レース回顧]

f:id:imaiki_nanomiri:20200407155741j:plain

春の盾を連覇したフィエールマン。トップコンディションでない状態でこのパフォーマンスですから長距離界でこの馬に敵う馬はいないでしょう。

 

さくらもり(@sakuratreehouse)です。

 

令和2年の天皇賞も無事開催できて競馬関係者もとりあえずホッとしているでしょう。

しかし、これからヴィクトリアマイル、NHKマイル、オークス、ダービー、安田、宝塚とまだまだGⅠは続きます。国にも大きな貢献をする競馬だけに無事開催される事が国としては願っている事でしょう。

 

ではでは、先週の予想結果とレース回顧です。

 

今週は、低爆発しました。

 

【天皇賞春】【青葉賞】予想結果とレース回顧

 

 

  

青葉賞 予想結果とレース回顧

 

青葉賞の予想記事は コチラ

 

青葉賞 レース結果  

着順 馬名 タイム 3F
1着 オーソリティ 2.23.0 34.1
2着 ヴァルコス 2.23.0 34.3
3着 フィリオアレグロ 2.23.1 33.9
5着 メイショウボサツ 2.23.6 34.4
7着 アラタ 2.25.2 35.6
10着 ディアスティマ 2.34.4 44.6

 

フィリオアレグロは、内で少々折り合いに苦戦した。包まれながら運んで結果としてロスなく回る事が出来たが直線抜け出すまでにちょっと苦労した。

レース上がり1位の33.9の脚を使い一度は先頭に踊り出たが、外から併せてきたオーソリティとヴァルコスの2頭に差されてしまった。レースに大きな影響を及ぼす程の不利はなかったがこの結果は現状力不足か。

 

1着のオーソリティは、レースレベルの高い弥生賞組であり血統背景も抜群なので順当勝ち。オルフェーヴル産駒という点で評価を下げてみたが関係なかったね。母系は、東京2400m得意な馬ズラリだしその血を評価すべきだったなぁ。

 

2着ヴァルコスは、鞍上のポジショニングが光ったように思う。

2角で中団後ろに構えたが、12秒台のラップで推移している中で無理に脚を使わずに3角では先団にポジショニングを上げた。結果この判断が直線でオーソリティと併せる形を演出した。無理して脚を使っていたらおそらくラストの追い合いで脱落していただろうけど無理せずにポジションを上げた事でしっかりラストまで脚を使えた。

 

青葉賞組で日本ダービーで通用するなら勝ち馬であるオーソリティのみというのが現状の見解。

 

大寒桜組は残念な結果となった。ディアスティマは何かしらのアクシデントがあったので今回のレースは度外視。

 

馬券的には、オーソリティとフィリオアレグロのワイドはgetなんやぜ。

2.8倍という悲劇なんですが、的中する事で回収率もいずれ上がってくるでしょう。

 

天皇賞(春) 予想結果とレース回顧

 

天皇賞(春)の予想記事はコチラ

 

天皇賞(春)レース結果

着順 馬名 タイム 3F
1着 フィエールマン 3.16.5 34.6
2着 スティッフェリオ 3.16.5 35.1
3着 ミッキースワロー 3.16.9 35.3
10着 エタリオウ 3.17.9 35.5
6着 キセキ 3.17.3 36.8
11着 メロディーレーン 3.18.2 35.5

 

1着のフィエールマンは、+8キロの490キロの最高体重。

 

Twitterのトレンドに上がる程の注目度でした。事前に買っている人は本当に大丈夫かと不安になりこれから買う人は、本命にするか印を落とすかで悩んだ結果がこのトレンド入りだろうね。

 

トップコンディションではなかったとの事だが、最低限勝ち負けまで馬をつくってきた手塚調教師はさすがです。

 

レースも正攻法のレース運びで最後はギリギリだったが、そこを差し切れるのが強い馬。

長距離に関しては、フィエールマンに勝てる馬はいなかったという証明となりましたね。

連覇おめでとうございます。

 

2着のスティッフィリオは、ここで爆発したステイゴールドの血というべきか。

意外性も強い血統だが、母父ムトトもスタミナを伝える血だけにここでの好走は驚かないが買うタイミングは読めなかった。鞍上もナイスな騎乗だった。

 

本命にしたミッキースワローだが、馬体もできていたし鞍上もしっかり乗ったので出し切ってくれた。しかし、トップコンディションでないフィエールマンに0.4秒差をつけられさすがに長距離においてもうフィエールマンに勝つという事は難しくなっただろう。

 

そして、ここまで相性が悪いのかと思うのがキングカメハメハ産駒。

ユーキャンスマイルに関しては、浜中もうまく乗ったと思うし位置取りも上位にきている馬と同じような位置。直線で内をついたのが影響したとも思えない。

相性なのかなぁ。来年もキンカメ産駒は狙いづらくなった。

 

馬券は、ワイドのミッキースワローとフィエールマンの5.1倍という配当をget。

 

両重賞共に低配当の配当しか獲れなかったが、それでも的中ですから今週はまあ良しとします。

 

これから上昇気流に乗れると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた!