生きてりゃ晴天のヘキレキだらけ

-遊びのある人生であれ-

【6/6-6/7】ブエナベントゥーラは次走が勝負。サトノレイナスとアスコルターレは評判通りの走りを披露。[POG vol.4]

f:id:imaiki_nanomiri:20200603125030j:plain

さあ、新馬戦が始まりました。これからは時間があれば新馬についての記事も書いていこうと思います。宜しくお願いします。

 

さくらもり(@sakuratreehouse)です。

 

新馬戦が始まりどんな馬が出てくるか競馬をしている人なら楽しみがまた増えましたね。

今後は、予想だけではなく新馬についての記事も追加していこうと思います。思いっきり個人的な視点でしかみないので参考にしないでください。笑

 

自身もレース内容を忘れてしまうのでメモとその時感じた印象などを記事として残していくのも目的です。

 

 

6/6 新馬戦結果

 

ダディーズビビッド

父:キズナ 母:ケイティーズギフト 母父:フレンチデピュティ

[阪神芝1600m 1.36.6 34.4① S 1-2]

 

新馬戦一番星は、キズナ産駒で鞍上は武豊J。

 

ケイティーズギフトの産駒は、仕上がりが早めで新馬戦から力を発揮するタイプが多いのでダディーズビビッドもしっかりその血を引き継いだという感じ。

しっかり先行してロスなく回りレース上がり34.4をマークしての勝利だけに厩舎としても十分合格点を上げられる結果となったのではないだろうか。

 

武豊Jのレース後コメントも「能力だけで勝った」と言っているし兄弟に皐月賞まで駒を進めたダディーズマインドがいるので今後の成長しだいでクラシックに乗れる可能性もあるが本当に成長次第か。

 

ウインアグライア

父:マツリダゴッホ 母:ウインアルテミス 母父:アーチ

[東京芝1600m 1.37.2 33.8② S 3-4]

 

横山武Jとウインの勝負服。春のクラシックで結構目立ったこのコンビが今なお勢い衰えることなく新馬でも8番人気で勝利した。

 

マツリダゴッホ産駒は、父が得意としていた中山での成績があまり芳しくなく東京や新潟などの左回りの方が好走傾向にある。

そこの点で買える要素はあれどマツリダゴッホ産駒が初戦から走るイメージはなかなかない。それに加えて母ウインアルテミスも競走馬成績が未勝利だった為適正も読めず…人気が低い原因はわかるのだが、好走した理由は俺は解明できないというのが正直な感想。

 

レース後の鞍上のコメントも「レースで子供っぽさを出していた。ムチなどの反応は良く実践向き」との事。稽古での印象は成長途中という感じらしいのでまだ上積みはありそうですね。

 

 

ここには、ブエナビスタの仔である注目馬ブエナベントゥーラが出走しており新馬は走る血統なのでここでなんなく勝利するかと思ったが、思わぬ伏兵に脚元をすくわれた。

母のイメージで産駒はかなり期待されているがイマイチぱっとせず今年も初週から出走してきたが新馬の結果だけを見ると今年も雲行きが怪しいと感じてしまう。

何はともあれ次走が一番の注目になるだろう。次走走れないようだとちょっと大丈夫かなと思ってしまう。

 

このレースでは、トゥーフェイスに注目と書いたが出遅れが酷く直線も無理に追う事なく終了。とまぁノリさんらしい騎乗に終わりました。

 

 

 

6/7 新馬戦結果

サトノレイナス

父:ディープインパクト 母:バラダセール 母父:ノットフォーセール

[東京芝1600m 1.37.7 34.1① S 5-5] 

 

来年の牝馬クラシック候補の一頭と言われているサトノレイナス。土曜にまさかの?2着に敗れてしまったブエナベントゥーラの件もあるので新馬戦というのはそれだけ難しいものだが、稍重という馬場ももろともせずにきっちり差し切った。

 

レース後の談話で「内の馬を怖がっていた。真っすぐ走れば楽勝でした。」との事で新馬特有のアクシデントがあったものの能力だけで全てリカバリーした。

今後は、一度放牧に出て秋から始動との事なので更にパワーアップして帰ってくるんでしょうね。POGで軽視していただけに実際走りだすと「あちゃ~。獲っておけばよかったかな」と思ってしまう。

 

グレイトミッション

父:ダイワメジャー 母:アートスタジオ 母父:バーナーディニ

[東京芝1400m 1.23.7 35.2② M 9-5]

 

1400mに加えて稍重とダイワメジャー産駒としては向く馬場だったと思う。

芝ダートともに走れそうなので当面は芝のマイルまでの距離を使って頭打ちになったらダート路線という感じもする。

 

レース後談話から仕上がりも早いタイプで能力をしっかり出せているようなので新潟2歳ではなく函館2歳か小倉2歳に向かってほしい。

 

アスコルターレ

父:ドゥラメンテ 母:アスコルティ 母父:デインヒルダンサー

[阪神芝1400m 1.22.0 34.2② S 1-2]

 

初週からドゥラメンテ産駒が勝利して種牡馬としての第一歩を無事踏みだしましたね。

期待されているモーリス産駒が今週くらいに勝利するか?この2頭には大きな期待がかかっているともいわれていますし肌馬を見てもそれは十分に感じますしね。頑張ってほしいところです。

 

ドゥラメンテ勝利第1号になったアスコルターレですが、1枠をしっかり生かしてスムーズにハナを切りそのまま先頭を譲ることなくゴール板を駆け抜けました。

母母がリッスンで近親にサトノルークスがいる血統だけに能力は十分でしょう。

レース後談話でも「スピードもあって着差以上に楽だった。子供っぽさがあるがこの競馬だけに今後の成長が楽しみ」という事でまだまだ磨けるところが残っている。

 

早い段階で新馬を勝つ事でローテの余裕も出てくるのでアスコルターレもサトノレイナス同様にじっくり調整しながら次走に迎えるのは現状かなりのアドバンテージになってくる。

 

今週は、どんな馬が出走してくるのか?もう情報が出ていると思うので確認し次第ブログの記事にしていこうと思います。

  

おっさんの戯言を本日も最後まで読んでいただき感謝しております。

ではまた次の記事で会いましょう。